MarriottBonvoy

マリオットから重大発表 注目の2大改変(ホテルカテゴリー廃止・無料宿泊特典のトップオフ)

マリオットボンヴォイ(MARRIOTT BONVOY)から重大なお知らせがありました。

内容は下記となります。

注目すべき改変も2点ありましたので、ご紹介します。

マリオットボンヴォイ 2022年重大なお知らせ

  • 2019年または2020年に獲得された会員様の現在のエリートステータスを2023年2月まで延長
  • ポイントの有効期限を2022年12月31日(従来は2022年3月31日)まで延長

現在のステータス維持のために宿泊数が少し足りない方にとっては助かりますね!

 

  • 2022年3月よりホテルカテゴリーが廃止され、フレキシブルポイント交換レート採用
  • 無料宿泊特典のトップオフ(※積み増し)制度導入

 

注目の2大改変

2022年3月よりホテルカテゴリーが廃止

Are Hotel Categories going away?
Yes. Hotels will no longer use the category chart. Standard, Peak, and Off-peak redemption levels will also be going away in favor of Flexible Point Redemption Rates.

(2022年3月より、カテゴリーチャートを使用せず、スタンダード、ピーク、オフピークの交換レベルも廃止され、フレキシブルポイント交換レートが採用されます。)

ポイント

フレキシブルポイント交換レートとは
滞在に必要なマリオット・ボンボイ®ポイントの交換量が空室状況や季節性などに応じて柔軟性を持って変化するレートのようです。

効果

空室の多い場所へのご旅行であれば、マリオットボンボイ®ポイントの使用量は少なくて済みます。
また、ご希望の旅行先がご希望の日程で混雑している場合は、交換額が増えることがあります。
平日や閑散期に宿泊できる人には良いお知らせですが、土日祝などカレンダー通りの休みにしか宿泊できない人には残念なお知らせかもしれません。

補足

既に行っている予約の変更が発生する場合、変更後の日程に応じるレートが適応されます。
空室が多い時期の旅行先に変更すると低いレートが適応されるため、必要なポイントが減りますし、逆もあり得ます。

 

無料宿泊特典のトップオフ(※積み増し)制度導入

In early 2022, Members will have the opportunity to increase their Free Night Award by adding up to 15,000 additional Marriott Bonvoy® Points, expanding the value of the award and possible options across the portfolio.

(2022年初頭、会員はマリオット・ボンボイ®ポイントを最大15,000ポイント追加することで無料宿泊特典を増やすことができ、特典の価値と組み合わせの可能性を広げることができます。)

効果

SPGアメックスの無料宿泊は50,000Pのホテルまで。それに15,000P追加することで、今までは対象外だったホテルに宿泊できる可能性があります。

人気ホテルは、この制度が始まってから2022年3月のポイント変動制開始までの間で利用するのがお得かもしれませんね。

補足

現在持っているマリオットボンボイ®ポイントやサーティフィケートは引き続き有効で、同じ価値を持ちます。

無料宿泊特典のトップオフ(最大15,000ポイント)は、2022年初頭にすべての無料宿泊特典/サーティフィケートで利用できるようになる予定で、これにより、マリオット ボンボイ®ポイントを無料宿泊特典のサーティフィケートに追加することができるとの事です。

スポンサーリンク



その他 継続事項

  • PointSavers™ ※今後も参加ホテルで提供されるレート 継続
  • キャッシュ&ポイント 継続(「Book with Points」と表示される)
  • 特典宿泊は継続
    特典宿泊はこれまでどおり利用可能。また、「ブラックアウト・デイト(特典除外日)の設定」も引き続き利用できるそうです。
    一般的に、ホテルでの滞在を交換するために必要なマリオット・ボンボイ®ポイントの範囲は、現在と同じとのことです。
  • 「Stay 5, Pay for 4」(5滞在で4滞在分の料金)特典は継続
    現在と同様に、ポイントを使って5連泊以上の交換滞在を予約すると、最も低いポイント価値の宿泊が無料になります。
  • スイートナイトアワード™(事前にスイートルームを確約できる上級会員特典)と無料宿泊アワードのポリシー 変更無し。(※2021年10月末 時点では)
    ※トップオフ付きの無料宿泊特典は、スタンダードおよびポイントセーバー™でのご利用が可能です。アップグレードされた客室にはご利用いただけません。

まとめ

マリオットボンヴォイが2020年3月にカテゴリー制度一新してから2年弱。

その間にコロナウィルスが大流行し、世界中で旅行が難しくなりました。ホテル業界も大変であったのではないかと思います。

今回の発表で、ステータス保持の期間延長はとてもうれしいニュースでしたが、カテゴリー制度廃止・フレキシブルポイント交換レート導入については、ほとんどの会員にとっては悲しいニュースかもしれませんね。。

無料宿泊特典のトップオフ制度導入については、今後発表されるフレキシブルポイント交換レートによってはうれしいニュースになってくれる事を期待しましょう!

旅ステイが「マリオットから重大発表 注目の2大改変(ホテルカテゴリー廃止・無料宿泊特典のトップオフ)をご紹介いたしました。

では、また!

 

▼関連記事 マリオットボンヴォイ 国内ホテル一覧とカテゴリー・会員ステータス別特典とは

スポンサーリンク レクタングル(大)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
↑ブログ村のランキングに参加してます。クリックお願いします(^^)/

関連コンテンツ

-MarriottBonvoy